Y・Tさんの内定の声 経済情報学部(2020年度内定者)

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

選考時に社長とお話しする機会があり、私の学校でのことや業種に対する考え方などたくさん聞いてくださいました。社長は笑顔で対応してくださり、明るい社風だとイメージすることができました。また、社員の方とお話しする機会もあり細かい質問にも答えてくださったので不安を減らすことができました。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

社内の雰囲気を重視していました。働くのであればなるべくストレスを感じない職場がいいと思っていたからです。社員の方へ質問する際には、休み時間の過ごし方などを聞いていました。

■私がこの業界に決めた理由は?

IT業界に決めた理由は大学でプログラミングに触れ、ものづくりの楽しさを知ったからです。また、IT業界は目まぐるしく変化しており、それを追っていく楽しさもあると思ったからです。

■私がi-NETを選んだ理由

一番の理由は選考時に私の良い所、悪い所をしっかり聞いてくださり、学生一人ひとりをきちんと見てくださっていると感じたことです。また、お客様と会社だけでなく社員の生活も豊かにしていく「三者総繁栄」という経営理念を掲げられており、社員のこともきちんと考えてくださる会社だと思いました。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

学生の時は指示されたことだけをやっていても良かったのですが、社会人になるとそれは通用しないと感じました。私の周りの就職先が早く決まった人は積極的に行動している人が多く、仕事では能動的に動く力が必要だと考えるようになりました。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

仕事に早く慣れ、会社の役に立てるようになりたいです。また、家族で食事に行くことが多いので、初任給でご馳走してあげたいです。

■就職活動での失敗談

電子のエントリーシートを使用した際に個人情報を間違えてしまっており、それを複数の会社に提出してしまっていたことです。勿論、その会社は書類審査で不採用となりました。日頃から提出する書類を読み返すことが重要だと感じました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

色々なことに興味を持ち調べてみることです。志望業界だけでなく他の業界でも気になったことには調べてみることで、自分のやりたい仕事をしている会社が見つかるかもしれません。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

IT企業に限らず就職活動の時期は年々早まっています。早く準備を始めることで色々な企業を見ることができ、本当に自分がやりたい仕事が出来るのか落ち着いて考えることが出来ます。また、企業の数は膨大なため闇雲に採用試験を受けるのではなく一度立ち止まって自分の希望と照らし合わせる時間を作ることで、本当に入りたい企業が見えてくると思います。