H・Oさんの内定の声 生産情報システム技術科(2017年度内定者)

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

会社説明会では社員の方と話す機会を多く設けていただいたため、気軽に自分の質問したいことをお聞きすることが出来ました。また、若手社員の方がいらっしゃったため、緊張することなく会社説明会に臨むことが出来ました。印象としては、会社の雰囲気や事業内容をイメージし易かったということと、学生の目線になって考えてくださっていると感じました。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

私が企業を選択する際、特に重視した点が二点あります。一点目は「事業内容」、二点目は「会社の雰囲気」です。自分が今まで身につけた力を会社に入って活かしたいと考えていたということと、仕事をしていく上で会社内でのコミュニケーションは必須であり、説明会を通じて雰囲気が自分に合っているかということを重視しました。

■私がこの業界に決めた理由

私がこの業界に決めた理由は、子供の頃からパソコンを触る機会が多く、その際、様々な便利ソフトやWebサイトを利用することが多々ありました。利用していくうちに利用者側ではなく作成者側になり、利用者に感謝されるような物を作りたいという気持ちが強くなり、IT関係の仕事を目指す決め手になりました。

■私がi-NETを選んだ理由

会社説明会や面接を通して、社員の方とお話をさせていただいた際に、会社の雰囲気や社員の方々の人柄の良さを感じることが出来ました。このことから、私もi-NETの社員になり一緒に働きたいと思いました。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

就職活動前では仕事観に対して「生きていくため」という気持ちがありました。しかし、就職活動で説明会などを通じ、様々な方のお話を聞いているうちに、仕事に対しての考え方を変えていこうと意識するようになりました。特に印象に残っているのは、仕事は可能性を拡げてくれるものという言葉です。仕事をする際に、集中力と好奇心を持って取り組むことで、仕事の面白さを見出せることを知りました。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

まず会社で信用され、仕事を任せられるような人材になれるように努力したいと思います。また、休日では体を積極的に動かす新しい趣味を探したいと思います。

■就職活動での失敗談

グループ面接やグループディスカッションの際、他志望者のアピールや答えが素晴らしく、自信をなくし萎縮してしまうことがあり、自分の言いたいことが上手く言えなかったことです。このことから自分の意見に自信を持つことがとても大切だと思いました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

普段から何事にも緊張しないように前向きに考えて行動するということを心がけています。就職活動では緊張する場面が多々ありましたが自分に「大丈夫」「自分はちゃんと出来てる」などを自分に言い聞かせて行動するように心がけた結果、緊張することなく就職活動に臨むことが出来ました。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

就職活動は大変なことも多いと思いますが、数多くの会社を見ることができるチャンスですので、しっかりと自分のやりたい事や就職活動の軸を持って行動してほしいと思います。説明会では質問したいことを溜め込まずに、積極的に質問して企業研究をしていくと、自ずと自分と合う企業と出会えると思います。
積極的に挑んで後悔しない就職活動になってほしいと思います。