S・Aさんの内定の声 工学部(2020年度内定者)

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

会社説明会では、社長や社員の方とお話しする機会があり、会社の雰囲気や社員の方の人柄の良さが伝わったのでとても良い印象を受けました。また緊張していた私に気さくに話しかけてくださり、落ち着けたことを覚えています。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

説明会や会社のホームページを見るなどして会社の雰囲気や社風が良く、この職場で働きたいと思える企業に絞りました。システム開発の現場では連携が必須になってくるため、会社の雰囲気が良い方が円滑に仕事ができると考えました。その中から経営理念や福利厚生、事業内容などを見て選んでいきました。

■私がこの業界に決めた理由は?

IT業界は日々成長し、多くの人に携われる業界であるためです。最先端の技術を習得し、意欲的に物事に取り組める業界は他にはないと思います。競合も多いですが、ものづくりを通して社会に貢献できる環境で働きたいと思い、この業界に決めました。

■私がi-NETを選んだ理由

会社説明会や面接を通して役員や社員の方々の人柄の良さや少数精鋭で仕事をされていることを知り、私もi-NETの一員として働きたいと感じたためです。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

就職活動前は会社で働いていれば簡単に知識や技術を身に付けることができると考えていました。しかし、就職活動で様々な会社の説明を聞き、知識や技術は受け身のままでは修得できないと気づかされました。誰かに教えてもらうのを待つのではく、自ら積極的に修めることが大切だと学びました。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

自分で稼いだお金で両親にご飯をご馳走したいと思っています。これまで育て、支えてくれた両親に少しでも恩返しができたらいいなと考えています。

■就職活動での失敗談

前もって連絡していただいた受付時間と面接時間を間違え、面接に遅れたことがありました。時間に余裕を持って面接に挑む予定でしたが、遅れたことで動揺し焦りが生まれ、あまり全力とは言えない状態で面接を行いました。この経験から、連絡いただいた情報はメモした後、間違っていないか復唱して確かめるようになりました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

普段から小さなことでもメモを取るようにしていたので、説明会などで取ったメモを見返して予定を立てることがありました。しかし、失敗談の経験から自分のメモに過信はせず不安であれば質問するように心がけています。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

就職活動は早めに取り組むことをお勧めします。就職活動で思い通りに予定が合わないことがよくあります。しかし、早めに行動を取ることで少し余裕をもって予定を立てることができます。予定を詰めすぎると、会場へ移動することさえ一苦労で精神的に参ってしまいます。早めに取り組むことで、よりよい就職活動に臨めると思います。