R・Tさんの内定の声 生産電子情報システム技術科(2021年度内定者)

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

会社説明会では社員の方とお話しする機会が多くて、多くのアドバイスを頂くことができたことを覚えています。就職活動全体に対してのアドバイスを頂けたことが、その後の活動に対して考え方を変えるきっかけとなったので、嬉しかったです。また、以前の説明会に参加した学生のことを覚えていてくださっていたので、学生のことを大切にしてくださっていると感じました。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

この企業で働いたときに長く働くことができるのかを第一に志望企業を選んでいきました。就職してもすぐに辞めてしまうような企業ではなく、長く働くことができる企業に勤めたいと強く思っていたからです。

■私がこの業界に決めた理由は?

最初は大学で学んだことが活かせる仕事をしたいと考えていました。大学の授業での学習を通して自分は将来何をしたいのかを考えた結果、プログラミングに触れてシステムを作り上げることの楽しさを知ったので、IT業界で仕事をしたいと思うようになりました。

■私がi-NETを選んだ理由

最初のきっかけはジョブカフェで行われた説明会でお話しを伺って意識したことでした。その後も何度かお話しを伺う機会があり、そこで私はお客様、会社にだけではなく社員にまで物質的、精神的に豊かになってもらおうという考えがみられ、感銘を受けました。そんな企業で働きたいと思ったことが選んだ理由です。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

学生では自己管理は自分の責任で行うものだという認識でしたが、社会人になったらそうはいかず、失敗したら企業全体のマイナスに繋がってしまうので、行動に伴う責任に対する考えを改めようと思いました。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

今までの人生では人に支えられて生きてきたと思います。なのでお世話になった人に、社会人になれたことのお礼の報告をして回りたいと思います。

■就職活動での失敗談

実際に行動を起こす時期が遅かったことです。もっと多くの企業の説明会や選考に参加することができたはずなので、経験を積んでおくべきだと思いました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

コミュニケーションにおいて人の目を見て会話することです。目を見て話すことで相手には聞いていますということを伝えることができるので、安心してもらうことができます。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

就職活動は早めに行動開始するべきだと思います。沢山の企業説明会や選考を経験していくことによって次に行く企業では慣れて説明会や選考に臨むことができると思います。