Y・Y 平成27年度入社 生産情報システム技術科卒

engineer54_01

■ 入社後、”嬉しい”と思ったことは?

初任給で家族にご馳走出来たことです。初任給を頂いたら、1番に家族のために使いたいと思っていました。そのため、いつも支えてくれる家族に感謝の気持ちを伝え、喜んでもらい、本当に嬉しく思いました。また、アルバイトをして頂いた給料よりも、社会人という重みがあり、改めて感謝の気持ちを忘れず、頑張りたいと思いました。

■ 学生時代との違いをはっきりと感じた瞬間はどんなときですか?

先輩社員、同期の存在だと思います。学生の頃も大切な存在だと思っていましたが、社会人になり一層、その思いが強くなりました。先輩方に教えて頂き、指摘頂くことで自分の至らないことに気づくことができ、次回は自分から気づける努力をしなければと感じることが出来ます。同期は悩んでいると相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれます。また、時には友人として一緒に気晴らしをしてくれる存在です。ありがたさを感じながらも、互いに切磋琢磨出来る存在だと感じています。

■ 仕事とプライベートの両立はどのようにしていますか?

社会人になり、時間の大切さをより意識し始めました。そのため、休日はめいっぱい楽しみ、充実させるよう心掛けています。旅行に行く、映画を見る、運動をする、買い物をする、美味しいものを食べるなど、休みの時間を大切にすることで、また1週間頑張ろうという仕事へのやる気と、体力を養うことが出来ると思います。

■ 会社の先輩について教えてください。

「学生と社会人の違い」でも少し触れましたが、間違いを指摘頂き、手本を行動で示してくださるため、自分の至らなさを痛感します。 同時に、自分から積極的に行動し、頑張らなくてはと思います。そして先輩方の存在は、私にとって憧れであり目標です。 先輩のようになりたいと思える、本当に尊敬できる方々です。

■ 就職活動を振り返って・・・

私は就職活動というと、しんどい、辛いという思いより、楽しかった思いが蘇ります。様々な経験ができ、人と出会うことで自分の糧になったと思うからです。不採用になり悲しい思いをしたこともありますが、その企業とは縁がなく、また別のご縁のある企業に出会えると思い、気持ちを切り替えて就職活動を行っていたと思います。

■ 就職活動中の面接について

初めての個人面接の際に、相手に合わせようとしたため、自分らしく話すことが出来ませんでした。この経験から、1つ1つの面接をなるべく自分らしく楽しみ、悔いの残らないように心掛けました。また、各企業での面接機会は一度しかないと思い、感謝の気持ちを持って臨むようにし、質問の内容を正しく理解、回答するように取り組みました。

■ アイネットシステムのアピールポイントは?

人数は多くないのですが、一人一人の存在感がとても濃く、尊敬できる先輩がたくさんいらっしゃるため、自分も頑張りたいと思えるところです。また、新人教育の面もしっかりしており、先輩社員の方がきちんと指摘・フォローをしてくださるところも良い点だと思います。そして、社員の仲が良く、一致団結しているところです。

engineer54_02engineer54_03