S・Yさんの内定の声 生産情報システム技術科(2019年度内定者)

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

会社説明会では、社長や取締役のお話を伺うことができ、会社のことだけでなく、就職活動において大事なことや、心構えを教えていただきました。また、社員とお話をする機会も多く設けていただいたので、社内の雰囲気もしっかりとイメージすることができました。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

まずは合同企業説明会などで実際に会社の説明を聞いて会社の雰囲気や社風、福利厚生などがいい企業に絞っていくようにしました。やはり働くうえで、長く働き続けることが大切だと考えたからです。

■私がこの業界に決めた理由は?

私は大学で学んだことを活かせる仕事に就きたいと思い、このIT業界に就職しようと決めました。また、大学の授業でプログラミングやシステム開発について学び、「ものづくり」というものに興味を持ったからです。

■私がi-NETを選んだ理由

合同企業説明会でIT企業を中心にお話を伺っていたところに出会ったのがi-NETでした。雰囲気や福利厚生もよく、また社員のことを経営理念にまで掲げていて、しっかりと社員のことも考えているのだなと感じました。私が印象に残っているのは、説明会の時にお話をしてくださった取締役が、選考会の時に私のことを覚えてくださっていたことで、非常に嬉しかったのを覚えています。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

今までは責任は個人的なもので、何があっても自己責任でしたが、就職すればその責任は会社にもかかってくると思うので、しっかりとした意志を持って積極的に仕事を取り組んでいきたいと思いました。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

社会人になれば仕事と休みのメリハリが大事になっていくと思います。また、学生の時のように趣味の時間を多く取ることができなくなると思います。なので、仕事の時はきっちり仕事をして、休みの時は今まで以上に趣味の時間に割きたいと考えています。

■就職活動での失敗談

二次選考でグループディスカッションをすることがあったのですが、グループのほかの人の積極性に気圧されて自分自身の意見をあまり話せないことがありました。自分の意見をしっかりと持ち、それを発することが大切だと思いました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

私は人と話すのがあまり得意ではなかったので、普段から意識して目を見て話すようにしていました。また、相槌もしっかり打つように普段からしていたので、説明会や面接では役立ったと思います。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

合同企業説明会や気になる企業が開催している説明会には積極的に参加した方がいいと思います。そこで実際に説明を聞くことでその企業の雰囲気や社風も知ることができますし、自分に合っているかがわかると思います。就活活動をしていると失敗してしまいショックを受けてしまうこともあると思いますが、諦めなければ自分に合った企業はきっと見つかると思いますので、頑張ってください。