Y・Yさんの内定の声 情報学部(2015年度内定者)

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

説明会は、社員の方からたくさんお話を聞くことが出来、イメージしやすく、大変勉強になりました。
選考時は、とても緊張していましたが「ざっくばらんに」と声をかけてくださるなど、フランクな雰囲
気でお話をしてくださったため、質問しやすく、普段に近い状態で試験に臨むことが出来ました。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

私は志望企業を選択するうえで重視した点が二つあります。
まず一つ目に、私は人と話すことや聞くことが好きなため、人と接することが出来、人の役に立つ仕事
に就きたいということ。
そして二つ目に、会社説明会などで、社員の方のお話を聞いて感じた雰囲気から、自分がこの会社で
頑張れるかどうかということを考えて選択しました。

■私がこの業界に決めた理由は?

志望企業を選択した観点と類似していますが、それに加えて、現在学んでいることを活かせる仕事をし
たいと考えたためです。そして、今も便利な世の中になったと思いますが、まだIT技術を活かせるところ
はたくさんあるため、より便利な世の中にしたいと思ったためです。

■私がi-NETを選んだ理由

説明会で、社員の方が「入社してから今までこういうことをやってきた」という流れや、仕事のこと、
新入社員に対するサポートなどについてお話をしてくださり、私が知りたいと思うことを聞くことが出
来、就職活動をしている学生の目線に立って考えてくださっているのだなと感じました。
そして、質問に対して丁寧に回答してくださる対応から、人を大事にされる企業だと感じたからです。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

今までは、学生ということで甘えていた部分も多くあったと思います。今後は、社会人になるので一個
人ではなく、会社というチームの一員という責任を持って発言・行動をしなければならないと思うように
なりました。
そして、社会人として言葉遣い・時間を守るなど基本的ですが、マナーを身につけようと思います。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

周囲の人たちが支えてくれるおかげで、いつも頑張れているので、感謝の気持ちを表していきたいと
思います。特に家族には一番迷惑をかけたので、たくさん孝行したいと思います。
そしてこれからは、自分のことよりも、もっと周りの人のことを大切に出来る人になりたいと思い、
自分改革をしたいと思います。

■就職活動での失敗談

試験会場の場所を間違えてしまったことです。試験会場の付近だったため、企業の方が声をかけてくだ
さり、無事会場に着くことが出来ました。あの時は本当に、どうしようという不安と焦りしかありません
でした。私は、この経験から知らない土地・場所に行く際にはしっかり確認し、下調べを行うということ
の大切さを学びました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

就職活動では、緊張や不安に思うことが多かったのですが、楽しんで頑張ろうと思うことで、試験を乗
り切ることが出来たと思っています。
そして、飲食店でのアルバイト経験のおかげもあり、初対面の人とあまり緊張することなく話すことが
出来たため、グループワークなどに取り組むことが出来たと思います。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

私は以前、面接の答えは自分の中にあると教えていただいたことがあります。本当にその通りだと思い
ます。誰かの答えではなく、自分の経験や意思が答えになるのです。緊張するとは思いますが、無理する
ことなく、ありのままでいいと私は思います。
振り返ると、就職活動は辛い思いもしましたが、いろいろな経験が出来、とても有意義な時間だったと
思います。就職活動は自分と向き合うチャンスだと思いますので、頑張ってください。素敵な経験が出来
るよう祈っています。