Y・Aさんの内定の声 工学部(2016年度内定者)

■私がi-NETを選んだ理由

合同説明会で様々なIT関連の企業を見ている中で出会ったのがi-NETでした。合同説明会でi-NETを
知った当初は、まだ他の企業と悩んでいる段階でした。しかし、大学での説明会や単独説明会、選考と
進んでいくにつれて他の企業とは違う魅力を感じるようになっていきました。説明会や面接で社長や社員の
方と話し、ここで一緒に働きたいという気持ちが強くなり、最終的にはi-NETに決めました。

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

説明会では、社員や役員の方に聞きたいことが気軽に質問できる雰囲気で話しやすかったことが印象に
残りました。入社後のことや会社での仕事内容など、具体的に教えていただけたため、入社後のイメージ
がしやすかったです。
また、説明会でしかお会いしてないにも関わらず、選考時には社長と取締役の方が、私の顔と名前を
覚えてくれていたことに感激しました。他の企業ではこういったことは無かったので非常に嬉しく、学生の
ことをよく見ているなという印象を受けました。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

業務内容が自分に合うことは勿論ですが、最も重視したのはその企業の「雰囲気」です。会社の雰囲気
というのはそこで働いている人で決まると思います。どんな社員の方が働いているのだろうか、どんな社長
なのだろうか、そういった点を企業選びの観点にしました。説明会でも面接でも質問したいことは質問して、
自分の言いたいことはしっかりと発言して、自分が本当にその企業と合っているのかを確かめました。

■私がこの業界に決めた理由は?

「コンピュータ」が好きだからです。子供の頃はゲームやパソコンが好きで、時間を忘れて没頭していました。
そうしているうちにゲームやWebサイトはどういった仕組みで動いているのだろうか?という疑問を持ち、
自分でもなにか作ってみたいと思い、簡単なWebページを作ったのが開発に興味を持ったきっかけです。
高校は情報系の学科に進み、大学は情報工学科に進学しました。そこで、本格的なプログラミングや
システム開発について学び、自分の専門分野を仕事にも活かそうと思い、この業界に決めました。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

私は就職活動前は受け身な態度で行動することが多くありました。しかし、就職活動中は自ら積極的に
企業に出向き、自分をアピールしました。そして良い結果が出たので、仕事や就職活動など、何でも自分
から積極的に行動しよう、という意識の変化がありました。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

仕事ではいち早く会社の戦力に成れるよう、力を付けていきたいと思っています。
私生活では休日を有意義に過ごせるような新しい趣味を発見したいと思っています。社会人としてオンと
オフのメリハリをつけて過ごしたいと考えています。

■就職活動での失敗談

就職活動を頑張りすぎたことです。とにかくいろんな企業のことを知りたかったので、空いた時間に
説明会や選考を詰め込んでいました。忙しい時期はほぼ毎日就職活動に行っているというような状況で
疲れきって、選考で本来の力が発揮しきれてないこともありました。もっとほどほどにしておいても良かった
と思っています。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

普段から前向きな考え方をしていることがとても役立ちました。就職活動中はどうしてもうまく行かず
にかなり自信のあった企業から不採用通知をいただくこともありました。しかし、そんな時も「ただあの
企業とは合わなかっただけだ」、「面接は楽しかったし落ちても次の企業を受ければいい」などと考える
ことが出来たので全く落ち込まないどころか、その経験を自分の力にすることが出来ました。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

何があってもとにかく考えるより行動してください。就職活動で思い通りに行かないことは誰にでも
あります。しかし、どんな時でも決して落ち込まずに次に繋げることが大切です。
常にポジティブな心でいてください。
そして、面接では細かいことは考えずに自分の本音をそのまま相手に伝えてください。いろいろな企業を
見て回ることできっと自分に合う企業と出会えます。