R・Tさんの内定の声 工学部(2016年度内定者)

■学生の皆さんへの就職アドバイス

私は就職先の企業の雰囲気と自分との相性がとても重要だと考えています。
就職活動中に決める会社は、学校での数年よりもっと長い期間過ごしていくことになると思います。
その長い期間を自分がやっていけると思える会社を見つけるのはとても大変なことだと思いますが、
就職活動を通してたくさんの企業を知って地道に自分との相性が1番合う会社を見つけてください。
そのためには会社について知ることも、自分で自分を知ることもどちらも大切だと思います。
就職活動をしていると良い結果がでないことがたくさんありますが、続けるうちに必ず自分に合った
会社が見つかるので、諦めずに頑張って下さい。

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

合同企業説明会に行くたびに参加した学生のことを覚えてくださっていたので、就職活動をしている
学生をとても大切にしてくださっていると感じて好印象でした。
単独説明会では社員の方の様々なお話(経験談など)を通して聞くことができたので、とても参考に
なりました。
また、質問をさせて頂く時間が多かったので、就職に関する疑問や不安をなくすことができました。
面接の前には年齢の近い社員の方と和やかにお話することができたので、とてもリラックスすることが
できました。面接では時間をかけて話を聞いてくださったので、自分の言いたい事がとても伝えやすく、
本音で話しやすかったと感じました。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

私が志望企業を選択した際に重視したのは、会社の雰囲気です。説明会で社員の方と実際にお話して、
多くの質問をさせて頂くことで、その会社の雰囲気を自分で感じることができました。その雰囲気が実際に
働いていく中で自分に合っていると感じるかどうかを重視していました。

■私がこの業界に決めた理由は?

高校時代に趣味でウェブサイトを作ったのがきっかけで大学では情報工学科に入学し、情報分野に
ついて学んでいきました。その中で学んだプログラミングの技術を使って自分の作りたいものを形にする
楽しさに気がつきました。そして更に多くの知識を身に付けて、システム開発で人の役に立てる仕事に
携わりたいと考え、この業界を志望しました。

■私がi-NETを選んだ理由

私がi-NETを選んだ理由は、説明会で感じた会社の雰囲気がとても自分に合っていると感じたから
です。社員の方とお話をする際にとても気さくで話しやすく和やかな雰囲気だったので、その雰囲気の
中で私も働きたいと思いました。
また実際に開発されたソリューションシステムの動画などを見て、興味を持ちました。便利で世の中
には未だない新しいシステムに感銘を受け、私もこの会社で何か新しいことに挑戦していきたいと
思ったからです。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

就職活動前は、『仕事はお金を貰うためにするもの』という考えがどこかにありました。しかし、
就職活動をしながら多くの社員の方のお話を聞いていくうちに、自分のやりたいことや将来の目標を
仕事に結び付ける考え方に変わってきました。
仕事をしていく中でたくさんの知識や技術を身に付けて成長し、会社や人の役に立てるようになりたいと
考えるようになりました。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

今までお世話になった人にお礼がしていきたいです。特に両親には初任給でなにかプレゼントをして
今までの感謝を表したいです。また、自立した私生活を送って安心させたいです。

■就職活動での失敗談

選考の度にとても緊張してしまったことです。もとから緊張しやすい性格だったので選考の前日に
緊張でよく眠れなかったり、選考前に頭が真っ白になって聞きたいことが質問できなかったことが
ありました。この経験から自分なりの緊張のほぐし方など考えて、コンディションを整えて準備して
おくことが大切だと実感しました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

普段から小さなことでもメモを取るようにしていたので、説明会などで大事なことをきちんとメモを取って
後で見返すことができました。また、スケジュールの管理も普段からしていたので、就職活動中も自然に
管理することができ、時間に余裕を持って行動することができました。