E・Nさんの内定の声 工学研究科(2015年度内定者)

E・Nさんの内定の声 工学研究科(2015年度内定者)
■学生の皆さんへの就職アドバイス

就職活動は、改めて自分を見つめ直すことが出来るとても良い機会になると思います。そこで、自分はどんなことをしたいのか、それを知るためにも合同説明会に参加した時には、自分が考えている業界以外の説明会にも参加して、自分の知らない世界を見ることもプラスになると思います。

また、慣れない土地での説明会や選考に参加することもあると思います。慣れない土地のため、思ったように移動出来ず、時間に余裕がなくなる等という時は、タクシーでの移動も出来るように準備しておくと、焦らず行動出来て良いと思います。

就職活動では、落ち込んでしまうこともあると思いますが、そんな時は少し気分転換をして、気持ちを切り替えて、満足出来る就職活動を行ってください。

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

私が志望企業を選んだ理由は主に三つあります。

一つ目は、企業理念・経営理念に共感出来ることです。これは、企業理念・経営理念に共感することが出来る会社に長く勤めていきたいと考えたためです。

二つ目は、会社の雰囲気です。説明会等に参加させて頂き、実際に働かれている先輩社員の方々や、会社の雰囲気を自分で感じ、いい雰囲気だと感じられるかを重視していました。

三つ目は、入社後の教育や研修についてしっかりと考えられていることです。自ら勉強するという考えはありますが、研修等に参加させて頂ける機会があれば、積極的に参加したいと考えていたため、この点も重視していました。

■私がこの業界に決めた理由は?

私がこの業界に決めた大きな理由は、学生時代にシステムを改良し、人の役に立つことで達成感を感じたことだと思います。

改良したシステムとは、アプリコンテストのWEBページの応募受付部分なのですが改良したことで以前より円滑に応募受付を行うことが出来ました。

元々IT業界に興味があり、大学でも情報工学を専攻していたので、このように情報工学の知識を活かして、人の役に立てるものを作り、社会に貢献していきたいと考えこの業界に決めました。

■私がi-NETを選んだ理由

私がi-NETを選んだ最も大きな理由は、合同説明会に参加した時、社長とお話をさせて頂く機会があり雰囲気のいい方だなと感じ、その人柄にとても惹かれたことです。

また、「三者総繁栄」という経営理念にとても共感したことや、説明会・選考の際にお会いした先輩社員の方々がとても気さくで、学生に対しても細かい心配りをされているのを見て、自分もこういう社会人になりたいと感じたことも理由の一つです。

■説明会/選考・面接時のi-NETの印象

説明会では、学生の緊張がほぐれるよう気さくに話をして下さったり、動画で社内の仕事風景など見せて頂けたり、学生が気になることを積極的に教えて頂けたなど、とてもいい印象を受けました。選考時には、学生が全力を出せるように細かな心配りをして下さっていると感じました。

おかげで落ち着いて選考にのぞむことが出来ました。

また、グループディスカッション等の選考後には先輩社員の方から的確なアドバイスも頂き、学生のことを考えてくれている会社だなという印象を受けました。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

就職活動を始める前の仕事観は、「生きていく為にお金を稼いでいかないと」「IT業界で働けたらな」というような漠然とした考えでした。

しかし、就職活動が始まり、合同説明会を経て企業の方からお話を伺い、様々な形で社会に貢献出来るということを知りました。

そして、就職活動後の今は、自分の力をもっと成長させ、会社に貢献し、最後には社会に貢献していけるようになりたいと考えています。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

仕事面では、早くプロジェクトに携われるようにしっかりと力をつけていきたいと思います。プライベート面では、自分の稼いだお金で、今まで私のことをここまで育て、支えてくれた母と祖母と一緒にゆっくり出来るような所へ旅行に行きたいと思います。

■就職活動での失敗談

普段から、時間を守れるように心掛けているのですが、一度だけメールで連絡して頂いた受付開始時間と開始時間を間違え、直前に気が付いたことがありました。

早めに準備をしていたため、どうにか間に合ったのですが、焦っていたためとても動揺し、あまり全力とは言えない状態で臨むことになりました。

この経験から、連絡して頂いた時間等のチェックをより念入りに行うようになりました。また、メールで頂いた情報は、スマートフォンなどの端末があれば、すぐにチェックが出来るので便利なのですが、就職活動の際は早めに電源を切っておく場面も多いため、紙に印刷して持っておくようになりました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

普段から、朝は早めに起きるようにしていたため、朝の説明会や選考でも余裕をもって行動することが出来ました。また、大学で先生からアドバイスを頂いた時や、アイデアを思いついた時すぐにメモ出来るようA5サイズのノートを持ち歩いていたため、就職活動でもすぐにメモを取ることが出来ました。

また、音楽プレーヤーで使用する予備のイヤホンとして持っていたイヤホンマイクを鞄に入れていたのですが、外で電話を頂いた時、このイヤホンマイクが役立ちました。

イヤホンマイクを使用することで、聞き漏らしを防ぐことと両手が使えるのでしっかりとメモを取ることが出来ました。