A・Mさんの内定の声 社会学部(2014年度内定者)

A・Mさんの内定の声 社会学部(2014年度内定者)

■どんな観点で志望企業を選びましたか?

私は第一に仕事内容というよりも仕事をする目的を考えて志望企業を選んでいきました。それから自分自身が仕事に興味が持てるかどうかということと、会社の理念、社長を始めとした社員の方々の雰囲気に重点を置いて志望企業の選択を行っていきました。

■私がこの業界に決めた理由は?

私の仕事をする目的は、一人でも多くの人、お客さまが幸せだと思ってもらえるような仕事をしたいと思っていました。

そこでできるだけ多くの人に幸せを届けることのできる仕事は何かと考えた時にIT業界、
情報分野の仕事というのは、多くのお客さまに幸せを届けることができるのではないかと思い、この業界に決めました。

■私がi-NETを選んだ理由

私がi-NETを選んだのは「三者総繁栄」という会社理念について会社説明会で聞かせていただき、私の仕事をする目的と合致していると思いi-NETで何としても働きたいと思い、私はi-NETを選びました。

■就職活動前後で仕事観などに意識に変化はありましたか?

私の場合は、就職活動前も就職活動中(後)も、何のために自分は仕事をしたいのかという仕事をする目的を最初に考えてのことだったので仕事観そのものへの大きな変化はありませんでした。

ただ、どんな仕事をすることがお客様に幸せを届けることができるのか、そのためには自分はどんな仕事をしなければならないのか、仕事ができるのかと具体的に自分の仕事について見つめているように思います。

■社会人になってまず一番にやってみたいこと(社会人ならではのことを)

とにかく社会人として早く仕事をしてみたいと思います。何事も始めてのことであるので、一つ一つ仕事について確実に学んでいきたいと思います。

私生活では、生活環境が激変しますが、その環境の変化に適応させて行きたい思いますし、親孝行をして行きたいと思います。

■就職活動での失敗談

時間に余裕を持って行動していても、道に迷ったり、説明会の会場が異なっていて他の企業の説明会であったりと余裕ない結果となることが多かったです。

時間の管理、説明会の会場の確認、また自己の体調管理の大切さを改めて知らされました。

■普段の習慣・行動などで就職活動中に役立ったことはありましたか?

一日の予定を立て、スケジュール通りに行動することを普段からの習慣にしていたので、いざ就職活動が始まっても比較的余裕のある一日を過ごせたと思います。

■学生の皆さんへの就職アドバイス

大切なことは、今の自分、今のありのままの自分をこの就職活動という期間を通して見つめ直していくことだと思いました。

これは就職活動という範囲だけのことではなく、これから先の人生を考える上で大切なこと
です。

この就職活動という期間を除いて改めて自分を見つめ直す期間は、これから先にどれだけあるかわかりません。

その自分を見つめる時間を有効に使って、自分には何ができる、自分には何が適しているのかを見つめ、精一杯就職活動を行ってください。